回転寿司ならぬ、回転ラック

回転ラックというと、コミックを収納する本棚をイメージする方が多いかと思いますが、
今回は倉庫などで使う、回転ラックを紹介します。
回転ラックには、

垂直回転ラック と 水平回転ラック

があります。

垂直回転ラックとは、天井空間を効率よく使うための棚になります。
天井との隙間が25mmあれば設置できるものもあり、また、コンピュータ管理を
することにより、ピッキングが在庫管理等のレベルがアップします。
入出庫の作業時間も驚異的に短縮出来ます。
近い構造ですと、車を収納する縦長で回転式の立体駐車場が似ています。

水平回転ラックとは、保管効率をよくするために使う棚になります。
前面で入出庫を行うことができ、ピッキングの際はボタン操作で
ほしい保管物を正面に取り出せます。
建物内に柱があったとしても、それに対応したレイアウトが可能です。
近い構造ですと、まさに回転寿司が似ています。

一度、現地調査が必要な商品の為、ご検討の際には、
是非、お問合せ下さい。

カテゴリー: マテハンの豆知識 パーマリンク