移動ラックのたて型とよこ型の違いとは。

以前、移動式の棚には、三つのタイプがあることを記載させて頂きました。
三つのタイプとは、電動式・ハンドル式・手動式です。
今回は、手動式の移動方法のたて型とよこ型の違いについて
書かせて頂きます。

たて型

棚が正面を向いた状態で、前後に移動することが出来ます。
通路のロスが全面解消され、通路スペースの合理化が図れ、保管効率が
アップします。

よこ型(平行移動)

棚が正面を向いた状態で、左右に移動することが出来ます。
壁面近くのスペースをより有効に生かすことができ、倉庫スペースなどの
保管効率をアップすることが出来ます。
さらに、スライド書庫と同じように二列・三列とすることも出来るので、
固定棚を設置するよりも遥かにスペースを活用出来ます。
レールを床にアンカー打ちする作業も必要となり、現地調査が必須の為、
ご検討中の方は、是非、お問合せ下さい。

カテゴリー: マテハンの豆知識 パーマリンク